家族葬のお知らせを受け取った際の対応方法とは

subpage01

最近は、家族や親戚など故人の身内だけで少人数で葬儀を執り行う家族葬が増えています。

葬儀を執り行わなくても家族葬のお知らせを受け取る場合があるので、一般葬との違いをきちんと理解しておく必要があります。



一般葬とは故人の家族や親戚や友人の他にも、故人とさほど親しくなかった人や、故人の家族の知り合いの人まで、非常に幅広い人の弔問を受け付ける葬儀のことです。このため、一般葬が執り行われる場合に「訃報のお知らせ」を受けることは、「葬儀のお知らせ」と同じ意味として解釈される場合があります。

あなたにぴったりのガジェット通信の最新情報ならこちらを参考にしてください。

仕事関係など、故人とはさほど親しくなかった人が弔問を行う際は、5千円程度の香典料を渡して形式的に挨拶と焼香を行ってすぐに帰ります。
形式的であっても香典料を受け取った以上はお礼を行い、返礼品を送らなければなりません。

一般葬に対して家族葬とは、故人の家族や親しかった一部の人のみが出席し、儀礼的・形式的な弔問を受け付けない葬儀のことです。

一般葬のように形式的な弔問を受けないため、葬儀を執り行う喪主や遺族の負担が軽くて済みます。
仕事関係などで故人とさほど親しくなかったような人にとっても家族葬であれば、わざわざ時間を割いて形式的な弔問に伺う必要がないというメリットがあります。

知人や遠い親戚が亡くなって家族葬が執り行われる際に「訃報のお知らせ」を受け取ったとしても、葬儀に招かれていなければ通夜や葬儀に参列したり挨拶に出向いたりすることは控えるようにしましょう。