家族葬とは?どんな葬儀内容?

subpage01

家族葬とは、近親者やごく親しい人だけが参列する形態の葬儀で、人数的には5人から10人以下の参列によって行われる葬儀方法。



遺族が参列を希望する人に、電話などで直接要望することによって参列をしてもらうこととなります。


また、10人以上の人数の参列となると、この葬儀内容で行うメリットは少なくなるため、一般の形態での葬儀を行うことが望ましくなるものです。家族葬のメリットとして大きく挙げられるのが金額を抑えることができる点。

金額を抑えることのできる大きな要因は、参列者を少なくすることで準備を少なくすることができる上、香典返しなどを準備しないことが理由となります。
ただし、香典返しを準備しないということは「香典を辞退する」ということ。

毎日新聞情報はこのサイトにおまかせ下さい。

そのため参列者が多くなるほど準備するものが多くなりますが、資金となる香典は入らないため、コストを抑えるというメリットが少なくなる点でもあるので注意が必要です。


また、参列者を近親者に限る葬儀方法であるため、親族であっても参列を断らなければならないことがあるのも注意点のひとつ。


葬儀の前に葬儀を家族葬で執り行う旨知らせることと同時に、理解を求めることも必要となるでしょう。家族葬は比較的、故人や遺族の意向を反映させやすい葬儀であり、形よりも気持ちの面で故人を温かく送り出すには最適とも言える葬儀方法とも言えます。しかしその独特の葬儀内容を理解した上で、親族や親しい人たちへの配慮を十分にすることが必要となるでしょう。