これからの時代は家族葬を積極的にも一つの考え

subpage01

これからの時代は、葬儀を家族葬で行うことを積極的にするのも一つの方法です。


今までは、家族葬というような形式で行うのは、むしろ稀なことで、特別な事情などがあるときに、身内だけで密やかにというような感じが多かったと言えます。


葬儀というと、近所の方々や街家の人々がこぞって参列するものという色彩がほとんどでした。そうなんです、義理を欠くわけに行かないというような色彩でした。



時代が変わってきています。

葬儀に対する考え方も変わってきています。

とにかく、にぎやかに、出来るだけ多くの人が弔問すればいいということではなくなっているはずです。

むしろ、お付き合いだからということで、高齢の多くの人が不自由になりかかっている身体を叱咤激励して弔問に訪れる時代ではないはずです。


心を込めて、身内や親族だけでお見送りすることでも十分なはずです。

goo ニュースが今、話題になっています。

少子化、高齢化、核家族化ということからすれば、無理をして盛大に葬儀を催す必要はなくなっているのです。



これらを意識すれば、家族葬という形式を、どこのご家庭でも営む方が時代にマッチしているということも言えるはずです。

体裁や見映え、それまでのおつきあいと言ったこともありますが、臆することなく家族葬形式を取り入れれば、周囲のご家族や知人知り合いも、そうだなということで、同じようになさる方も増えるはです。

関係者が心を込めて、故人をお送りする気持ちさえあれば、本当に「いい葬儀」になるはずであり、それはお釈迦様もNOとは言わないはずなのです。