増加する家族葬の特徴と料金相場の下落

subpage01

従来の葬儀は、医療機関に紹介された葬儀業者に任せてしまう為に無駄に盛大な葬儀となってしまう上に、葬儀後に非常に高額な追加費用を請求されるケースも多々あります。



その為、近年の若者を中心とする著しい仏教離れも手伝って参列者や弔問客の非常に少ない家族葬が増加しています。


家族葬は、密葬における一般の参列者の為の本葬に先立って行われる家族の為の通夜などの別称として用いられていますが、正式には密葬とは大きく異なります。

注目の朝日新聞デジタルが広く知れ渡ってきました。

家族葬は、基本的に遺族である家族数人で通夜や告別式が行われる為、返礼品や葬儀の案内状振る舞い料理、精進落とし料理などの必要無く葬儀業者に不当な利益を搾り取られず、従来の葬儀に比べて葬儀費用が非常に安く抑える事が出来ます。



葬儀業界自体は、国内の年間死者数が2040年頃まで増加する有望な市場である一方で、異業種の大手企業の参入により葬儀業界の料金体系が透明化された事や追加費用無しのセット料金が一般化した事により価格破壊が引き起こされ、市場規模の順調な拡大は難しいとされています。

その為、1つの大規模な葬儀会館から小型の葬儀会館を複数建設するスタイルにシフトしています。

しかし、葬儀規模の縮小により香典収入が減少するので葬儀費用が賄え無くなるなど根拠の無い話術で葬儀規模を大きくしようとする葬祭ディレクターがいるので、インターネット上に溢れる家族葬のセット料金の相場を知っておく必要があります。