家族葬のメリットはたくさんあります

subpage1

家族葬は、普通の葬儀と違い規模的にはとても小さく行えます。その為に葬儀費用も抑える事が出来て、葬儀を行う喪主の負担がとても軽くなります。



規模が小さいと言っても葬儀自体は、普通と変わりなく行いますので、故人に対する葬式としての手抜きとはならないのです。

@niftyニュースに関する情報です。

また普通の葬儀と違い、参列する人は親族だけとなり、一般の参列者が居ないということになり、顔の知らない人の葬儀の参加は無いので、気持ち的には楽になります。会社関係や知人などにも葬儀の連絡をしないので、参列する事はあり得ないのです。

一般の人には、葬儀がすべて終わった後や四十九日の納骨が終って落ち着いた時点で、おしらせや季節の礼状として知らせれば、まったく知らせないという事では無いので、相手方にも嫌な気持ちを与える事は無いのです。


故人の家族にとっては、死亡してから葬儀までの時間があまり無く忙しい日々を送らなければなりませんが、家族葬では、親族だけの連絡で済みますので、時間の節約にもなります。また一緒に参列する人数を調べておけば、人数分の葬儀場選びをすれば良いので、無駄に広い高額な葬儀場も必要なく、費用を抑える事が出来ます。



また食事や貸し切りバスなども、人数に合わせて発注する事が出来て、無駄をまったく無くす事が出来るのです。普通の葬儀に比べると費用が半分以下になる事もありますので、葬儀を出す喪主にとってはとてもありがたいのです。家族葬の場合には住んでいる近所にも迷惑になる事も無く、気づかれないうちに葬儀を済ませる事が出来るのです。

ためになる情報

subpage2

最近は、家族や親戚など故人の身内だけで少人数で葬儀を執り行う家族葬が増えています。葬儀を執り行わなくても家族葬のお知らせを受け取る場合があるので、一般葬との違いをきちんと理解しておく必要があります。...

next

納得の真実

subpage3

これからの時代は、葬儀を家族葬で行うことを積極的にするのも一つの方法です。今までは、家族葬というような形式で行うのは、むしろ稀なことで、特別な事情などがあるときに、身内だけで密やかにというような感じが多かったと言えます。...

next

対策方法

subpage4

従来の葬儀は、医療機関に紹介された葬儀業者に任せてしまう為に無駄に盛大な葬儀となってしまう上に、葬儀後に非常に高額な追加費用を請求されるケースも多々あります。その為、近年の若者を中心とする著しい仏教離れも手伝って参列者や弔問客の非常に少ない家族葬が増加しています。...

next

社会の特徴

subpage5

家族葬とは、近親者やごく親しい人だけが参列する形態の葬儀で、人数的には5人から10人以下の参列によって行われる葬儀方法。遺族が参列を希望する人に、電話などで直接要望することによって参列をしてもらうこととなります。...

next